ブルターニュに投資する12の利点

イノーべションの地

Fabien Spindler, ingénieur de recherche de l'équipe-projet Lagadic travaille avec le robot Pepper. Lagadic travaille sur l'asservissement visuel, i.e. le contrôle par la vue de machines équipées de moteur. Les robots (qu'ils soient drones, robots industriels, robots humanoïdes, voitures, etc.) « voient » grâce à des capteurs ; ces capteurs sont le plus souvent des caméras, mais peuvent aussi être des échographes. L'asservissement peut aussi être basé sur le son ; dans ce cas, les capteurs sont des micros. Pepper est un robot humanoïde. Il a une vingtaine de moteurs : six dans chaque bras, un au genou, deux à la hanche, un à la base du cou, un à la base de la tête. Pepper a plusieurs capteurs : - un micro dans chaque oreille, - une caméra sur le front, une autre dans la bouche et des Kinect dans les yeux ; les Kinect sont des caméras avec récepteurs infrarouges pour mesurer la distance vis à vis des personnes ou des obstacles en face de lui. - des capteurs tactiles sur le dessus de la tête. Les images repérées par les capteurs sont envoyées sur l’ordinateur qui les traite ; le résultat de ce traitement permet de piloter le robot, notamment pour lui permettre de réaliser des actions. Il peut se déplacer dans tous les sens/directions (avant, côté, arrière). La main de Pepper peut juste tourner autour du poignet. Lagadic s’intéresse à la préhension (le fait de saisir un objet) ce qui est compliqué vu que ce robot ne peut pas bouger son poignet comme un humain. Pepper est polyglotte. Si on tape un texte, il le récite en bougeant les bras - mouvements programmés aléatoirement, mais on peut donner dans le texte des ordres comme « lève les bras » pour avoir un mouvement précis à un moment donné du discours. Credit : Inria

109の研究所と1万人の研究者による大規模なイノベーションの可能性。国立研究開発センター、国際的に有名なハイテクプラットフォーム(フランス国立科学研究センター、フランス国立海洋開発研究所、フランス国立情報学自動制御研究所、フランス国立保健医学研究所、フランス国立農学研究所、フランス食品環境労働衛生安全庁、国立環境科学技術研究所、農業試験所)、キヤノン、オランジュ通信会社、ノキアといった大手民間研究開発センターの存在。企業の改革へのニーズに関連し、食品、デジタル、産業、モバイル、健康、海洋再生可能エネルギー、海洋技術など、あらゆる分野に関わる学術研究。

 

 

世界の業界リーダー

ブルターニュは地方、フランス、海外、そしてあらゆる分野(食品産業、農漁業、デジタルエレクトロニクス、自動車産業、保安防衛、バイオテクノロジー、化粧品)の企業家、企業経営者を魅了し、インスピレーションを与えています。

 

 

資格のあるプロフェッショナルな人材

DELTADORE_Emmanuel Pain-BDI

ブルターニュは高いレベルの教育を受けた人の割合が多い地域です。ブルターニュの地域の外国人投資家とフランス人投資家は、ブルターニュの専門家は責任感があり、意欲的で高度に熟練したパートナーと見なしています。

 

 

 

雇用主のニーズを反映した優れた教育システム

毎年、ブルターニュはブルターニュ欧州連合大学で構成される4つの大学及び27の専門学校に11万人以上の学生を受け入れています。

 

クオリティの高い生活

 

豊富な文化やレジャー活動、多様性豊かな景観、強いコミュニティー意識、安い生活費、住みやすい人口規模(人口330万人 10万人以上の7つ都市)で質の高い公共サービスのある町。

 

 

便利なアクセス

レンヌはパリから列車で1時間24分。レンヌ空港とブレスト空港からの海外への移動が便利。広範囲にわたって無料な地域道路網。 3つの主要な商港 - ブレスト、ロリアン、サン・マロ。

 

食品産業、農業、漁業の中心的存在

  • 1300社、7万人の従業員、200億ユーロの売上高で、食品産業 フランスで第一位。イノベーションの拠点 - バロリアル。
  • 7万人の従業員を抱える34500社の農企業は肉、卵、乳製品、果物と野菜といった品質の高い原料を生産しています。
  • 生産量と売上高でフランスの50%を占める漁業と水産養殖はフランスで第一位。

  • 先駆企業:養豚事業協同組合、屠畜解体会社 ジャ・ロゼ、ビガー・ソコパ社、ドゥ社、LDC社、ライタ社、シル社、ド・オシー社、プリンス・ド・ブルターニュ社、ル・ダフ グループ、パナビ社、ロクマリア社、プティ・ナヴィー社、コネクターブル-シャンスレル社、フィペッシュグループ ル・グラエ社、ギュヤデール・ガストロノミ-社、ダイアナ社、ソリナ社、トリスカリア社、ル・グエソン社等。

 

 

デジタル業界のための場

  • 5万人の従業員、1300人の研究者による研究開発でフランス第二位。イノベーションの拠点 - イマージュ&レゾ、技術研究機関 -  B<>Com、二つのフランスのシリコンバレー - フランス・テック・レンヌ・サンマロとブレストテックプラス
  • レンヌ地方はブルターニュでデジタル分野で活発な地域です - 1,200以上の企業、35,000人の従業員、11の公的研究所、デジタル分野での従業者密度 フランスで第三位、2016年 デジタル業界最高の雇用成長拡大記録達成、サイバーセキュリティとモノのインターネットにおいてフランスで第二位、毎年約3000人の若手デジタル技術者卒業。
  • 主要セクター:通信、マルチメディア及びハイパーメディア、IT、サイバーセキュリティー、モノのインターネット、ソフトウェア及びコンテンツ、データ処理、クラウドコンピューティング、娯楽、医療技術、食品農業技術、スマートグリッド、光学・フォトニクス、エレクトロニクス。

  • 先駆企業:オロンジュ通信会社、チームキャスト社、エネンシス社、アステリア社、アクティアテレコム社、コルドン・エレクトロニクス社、ケオプシス社、シリンクス社、ブロードピーク社、NKE社、アルテファクト社、ノキア、及び多くの新興企業。 Googleはレンヌでフランスで最初のデジタルワークショップを開催しました。

 

 

防衛とサイバーセキュリティで卓越した技術革新の中心

  • 383事業(サービスと研究50%、産業50%)、2つの大企業(タレス社、DCNS社)、 DGA(装備総局)と海軍の駐留、47の研究チーム。

  • デジタル技術の先端において、ブルターニュは基準地域となっています。180の情報通信技術企業と軍事企業、100を超えるサイバーセキュリティ事業、200人以上のサイバー研究スタッフ、7つのサイバー防御研究所(フランス国立科学研究センター、フランスコンピュータサイエンス及びランダムシステム研究所、通信知識情報科学研究所、国立応用科学院レンヌ校、伝達国立高等学校、フランス国立情報学自動制御研究所)を含む13のサイバー研究チーム。

  • 先駆企業:造船役務局社、タレス社、ユーロシェルター/ネクスター社、装備総局、海軍、セキュール-IC社、オランジュ通信会社、シエペル社、アモシス社、ディアチーム社。

 

 

海洋レースと造船で革新的な研究室

  • 117の事業、11600人の従業員による船舶建造及び船舶修繕事業においてフランスで第一位。海軍防衛 70%、 19の研究チーム、 専用基地 - ブルターニュ海軍基地、技術革新拠点 - ブルターニュ・アトランティック・ポールメール。
  • 先駆企業:DCNS社、ピリウ建設会社、ソブレナ社、STXグループ、ケールシップ社、Uファスト社。

 

  • 1,300の企業、7,000人の従業員及び600万ユーロの売上で海洋レジャー及び海洋レースのリーダー。専用拠点 - ユーロラージュ・イノベーション工業地帯。
  • 先駆企業:ミュルティプラスト社、ビック・スポーツ社、GDK社、JFA社

 

  • この地域の海洋レースの優れた専門技術は、自動車や航空産業に必要な複合材料と海洋再生可能エネルギーに活かされています。
  • 特徴:バイオベース材料に特化した研究開発、多様なカーボン製品の技術、高品質なカーボン部品、ビジネス拠点 - EM2Cグループ、コンポジット・ブルターニュ - 複合材料研究のプラットフォームにおける独自のネットワーク。
  • 先駆企業:ミュルティプラスト、SMM社、コリオリコンポジット社、ロリマ社、カイロス社

 

 

 

海洋及び農業バイオテクノロジーの先駆者

  • フランスのバイオテクノロジー分野で第三位、海洋・農業バイオテクノロジー分野の先駆者
  • 海洋自然化粧品の主要な地域
  • 海洋研究分野(国家研究 50%)、海洋科学技術分野において主要な地域
  • 250の企業と組織。 国際競争力の拠点 - ポール・メール・ブルターニュ・アトランティック。2つの海洋生物学の中心地:ロスコフとコンカルノー。 3つの知的財産センター - CBB カプビオテック研究所、IDメール研究所、CEVA(海洋生態系調査)。信頼できる研究チーム - ヨーロッパ海洋研究所、フランス国立科学研究センター、フランス国立海洋開発研究所、ブルターニュ西大学、ブルターニュ南大学、水産研究センター。
  • 健康及び栄養(栄養、動物、植物)、化粧品及び栄養補助食品、食品産業、環境及びエネルギー分野における技術革新。

  • 先駆企業:ロシェグループ、ビオトリアル社、ビオメリュ―社、ルイエ社、サノフィ社、及び数多くの革新的な中小企業。

 

 

海洋再生可能エネルギーのイノベーションと実験の地

  • 風力、潮流、波力といったブルターニュ海岸沿いで利用できるさまざまな資源により、エネルギー生成の可能性は無限大です。
  • 188の企業、36の研究チーム、2つの試験場、50万平方メートルの広さの専用港湾施設 - ブレスト港、そして世界的なイノーベーションの拠点 - ポール・メール・ブルターニュ・アトランティック、エネルギー転換研究所 - フランス海洋エネルギー研究所

Hydrolienne. Credit : DCNS

  • 6種類の技術 - 潮流発電機、固定式洋上風力発電、浮体式洋上風力発電、潮力発電所、波力エネルギー、海洋熱エネルギー変換。
  • 先駆企業:サベラ社、DCNS / オープンヒドロ社、ギナールエネルギー社、EDF(ランス川河口にある潮力発電所)。

 

 

Invest in Bretagne

 

私たちのサービス

 

進出前:プロジェクト実現へのお手伝いを致します。

  • プロジェクトに関する一般情報の収集
  • ビジネスパートナーの選定
  • 進出地域のご提案

 

ブルターニュ視察:

  • ご希望に沿った視察スケジュール:企業や関係者とのアポイントを取得し、スケジュールを管理致します。
  • 完全サポート:ホテル、レストランの予約、移動手段の手配。

 

進出時、及び進出後:継続的なサポート

  • 不動産、会社設立、人材確保のための情報とサポート、駐在員様とそのご家族の方々の受け入れ支援。
  • 弁護士、会計士、銀行、保険会社、自営業者等とのコネクト
  • 人脈作り:様々なイベントの広報活動
  • 国際開発へのサポート
  • プロジェクト拡張へのサポート

 

 

私たちのチーム

Amélie Le Gall Project Manager
アメリ・ルガル
外国投資プロジェクトマネージャー

ナタリー・リウン
外国投資プロジェクトマネージャー